末端冷え性に良いサプリはあるの?おすすめはこれ

末端冷え性サプリおすすめ

 

生活習慣と冷え性



一般的に人は暑い環境におかれると発汗などの放熱作用があり、体温調節をしています。ですが寒い環境に対しての体温調節能力はかなり劣っていて、上記に匹敵するような有効な熱を発生させる手段を持っていません。ですから寒い環境では末梢血管を収縮させる事によって、皮膚表面の血流を少なくして熱が外に奪われるのを防いでいるのです。

このようになってしまっては、暖かい場所に行っても足先はなかなか温まらないことがあります。足湯はお湯につけていない手の温度も上げますが、40℃のお湯に20分間足をつけると足先の温度はもちろん回復し、それだけではなく手の平や甲の温度も3℃上がっていました。

これを見ると足を温める事で、足や手だけではなく全身の血液循環が良くなったことをあらわしています。以上のことから足湯は冷え性の人にとって、手軽で有効な解消法と言えるでしょう。

入浴実験したところ冷えを防ぐには入浴のポイントをぬるめのお湯に出来るだけ長く入る事だと分かりました。38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かると、緊張すると出る交感神経の働きが抑えられ、リラックスすると出る副交感神経が優位に働くので、体だけでなく精神的にもくつろぐことが出来ます。

末梢の血管が十分に開き、お湯に浸かっている事の浮力や水圧の効果もあり、体の隅々まで血液が循環し、冷えだけでなくむくみの解消にも効果を発揮します。逆に40℃以上のお湯に入ってしまうとどうなるのでしょうか。皆さんは熱いお湯に入って鳥肌がたったような感じがした経験は無いでしょうか。それは交感神経が働いてしまうために起こる現象で、末梢の血管は収縮しかえって血行が悪くなる結果を生みます。

熱いお湯に入るのですから、一時は体の表面温度は上がりますが体内深部までは温まってないので、結局湯冷めしやすく、冷えるのも早いということなのです。他に簡単に出来る方法として、湯たんぽやあんか、カイロなども有効です。

bath-water-915589__180.jpgただ温かいといって電気毛布を使用する人がいるようですが、全身を温めてしまうので皮膚が乾燥したり、必要以上の汗をかいたりする事があります。

湯たんぽなどで重点的に足元を温めた方が、効果的に改善されます。このように方法を間違うとかえって冷える体にしてしまっている場合もあります。冷えが無くなるように、生活習慣から少しずつ改善してみましょう。



 

冷え性って何



東洋医学では陰陽のバランスが崩れているから病気になると考えられています。冷え性の原因はいくつか挙げられますが、体がその不調を知らせるために痛みや症状として出ているのだと考えられます。その症状や個人の体質を元に、バランスの崩れの原因を突き止め、改善する事で、冷え性を治そうとするわけです。東洋医学から考えられる冷え性の原因は5つほどあります。

まずはエネルギー不足です(東洋医学では陽気不足と言います)。元気、気分という字に入っている気という漢字は人間のエネルギーを指しています。陽気というのは体を温める働きをするエネルギーで、これが不足するということは熱を生み出す力が弱まり、寒さに対しての抵抗力が減ってしまうので、そのため体が冷えやすくなるのです。

ドロドロ血という言葉は最近ポピュラーになりましたが、東洋医学では数千年前から血の汚れやドロドロ状態のことが知られていました。血がドロドロやネバネバの状態だと、血液からの栄養の補給や老廃物の排出が出来なくなってしまうので、手足の先の血管に血が流れにくくなるので冷えを感じるようになるのです。痩せてきたり顔色も悪く貧血のような状態で、体に栄養分を運ぶための血が不足し、末端の血管に届かない状態が冷えの始まりになります。

冷たい飲み物の取りすぎや、水分代謝の異常で胃腸機能の低下による冷えが起こります。水分過多でいわゆる水太りというのがこのタイプになります。血や気の流れが悪くなる事で上半身はのぼせたるのに、下半身は冷えている状態にあります。更年期時期にはこのタイプが多く、更にホットフラッシュと呼ばれる急な汗とのぼせの症状が顕著に現れるようになります。もっと重い症状の場合は、逆に手足が熱く感じる場合もあり、凍傷の1歩手前のような状況です。

西洋医学では「冷え性」という病気では診断されません。多くの場合は自律神経失調症として診断され、精神安定剤などを処方され、痛みがある場合はその症状を緩和する薬が出されます。つまり冷え性の根本を治すのではなく、症状を緩和したり止めたりしているにすぎません。症状はその人個人で様々に原因が違います。冷え性は自分で生活習慣も見直しながら、解決をしなければ根本からの治療にはならないのです。
 

しじみを食事にとり入れよう


しじみは体にいいので、しじみをたくさん食べましょう、とは言うものの、しじみを使った料理なんてそう簡単には思い浮かばないし、作れないという人も多いのではないでしょうか。しじみは貝ですから、貝殻も硬いですし、中に入っている身もそれほど大きくありません。手間の割りには身は少ない、そんな印象がある人も多いかもしれませんね。

ですから、小粒の身を寄せ集めてあれこれ作るのは、ちょっと大変です。しかし、しじみが持っているダシは非常に強力で、小さな身からでも強いコクが出て行きますので、これは逃せないところ。いろんな使い方をマスターして、できるだけバリエーション豊かにしじみを毎日の食生活に取り入れていきたいものです。

さて、しじみを使った料理と言えば、やはりその定番はしじみのお味噌汁ですよね。しじみからは良いダシが出ますから、お味噌汁の他にも、お吸い物や麺類の汁としてもいい味を出してくれます。これを知っているだけでもパターンが増えますね。

そのしじみの旨味成分の一つが、コハク酸といわれるもの。同じく一般的に手に入りやすい食品としてアサリがありますが、そのアサリよりもしじみはコハク酸の成分が高いそうです。ですから、鍋物のダシにするのも良いですし、その後の雑炊まで非常に美味しくいただくことができます。台湾料理などでは、しじみの老酒漬けが人気メニューになっているようです。

また、しじみご飯や和え物などもできますね。他にもしじみの佃煮なども市販されていますから、自分で作るだけでなくそういう商品も利用すると手軽にバリエーションを増やせます。

何と、しじみは冷凍すると有効成分のオルニチンが通常より4倍程度に増えると言われています。冷凍するだけでいいですし、保存も利くようになりますから、安いときにまとめ買いして、必要なときに必要な分を解凍して使うのが賢い方法ですね。

しじみのサプリメントも最近は多いですから、食事に毎回、というのも飽きてしまうでしょうし、しじみをお休みしている日はサプリメントで、しじみサプリの効果は本物かと確認もしつつ、変化をつけてみるのもいいかもしれませんね。

唇が乾燥する原因とその対処法


冬はとにかく唇が乾燥して、リップクリームが手放せない方は多いでしょう。唇は刺激に弱く、皮脂腺がないので乾燥しやすい箇所です。ですが、日ごろからきちんとケアしていれば、乾燥に悩まされることはありません。唇が乾燥する原因と、その対処法をご紹介していきます。

まず、唇を舐めるクセがあることです。乾燥しているからと言って舐めても、余計に乾燥するので止めましょう。次に、口呼吸が多いことです。口呼吸によって空気が出入りすることで唇が乾燥したり、ウイルスが入って風邪を引きやすくなります。

口呼吸の改善として有名なのが、あー・いー・うー・べー体操ですが、口を閉じている時の舌の位置を治し、鼻呼吸への改善が期待できるので、ぜひやってみてください。鼻呼吸に改善することで、アトピー性皮膚炎にも効果があるかもしれません。

この体操は、1日30セット行うと3週間から3ヶ月で口呼吸が改善されるそうです。次に、使用しているリップクリームが合っていないことです。そもそもリップクリームは、乾燥してから塗っても意味がありません。

もし乾燥が改善されなければ、一旦使用を中止して様子を見ましょう。リップクリームの代わりになるものとしては、乾燥肌に効くクリームやホホバオイルがおすすめです。肌の乾燥にも効果があるので、色んな用途に使用できます。

次に、栄養不足だということです。栄養不足だと口内炎ができたりしますが、唇も一緒で栄養によって状態が左右されます。中でもビタミンB2は乾燥対策に効果があるので、多く含まれている卵や納豆、アボカドなどを積極的に摂取しましょう。

次に、胃腸が悪いということです。胃腸と唇は繋がっているので、一方の調子が悪いともう一方にも悪影響を及ぼします。飲みすぎた次の日に、唇がカサカサするのもそのせいです。食事や生活習慣を今一度見直してみましょう。

最後に唇の汚れです。食べカスや歯磨き粉がくっついたままだと、唇が刺激され乾燥することがあります。口元は常に清潔に保ちましょう。